年の差夫婦の住宅購入について

年の差夫婦の住宅購入について

家.jpg

年の差夫婦の住宅購入についてです。

私27才、夫42才の夫婦です。0才の子どもがひとりいます。
そろそろ家を建てたいと思っているのですが、どの程度ローンを組んで立てれば良いのか(予算をどの程度にすれば良いのか)わからず動き出せないでいます。
誰かに相談したいのですが、この場合どういった方(職種)に相談するのが適切でしょうか。
ファイナンシャルプランナーには金融商品を勧められる、不動産屋さんには高額ローンを勧められるというイメージがあり、二の足を踏んでいます…。そんなこともないのでしょうか。

年の差婚のため、友人を参考にもできず、調べても例に出てくるのは当然同年代どうしの結婚が前提のためイマイチ状況が当てはまりません。

お知恵を貸していただけると幸いです。




1.

回答します。

その状況下、銀行に相談するのが一番公平だと思いますよ。
方法としては、大手の不動産屋さんに不動産を探してもらうのと同時に銀行を紹介してもらう様に依頼する。不動産屋さんの紹介であれば銀行もしっかりと会ってくれます。そこで信頼出来る銀行員の方がいらっしゃれば、自分達はいくら位なら生活に問題ないかを質問して計算してアドバイスをしてくれます。銀行は返済してもらわないと困るので高いとか安いとか変な商売根性は出しませんので、素直にアドバイスとして聞けるのではないでしょうか?
いきなり窓口に行くよりも大手不動産屋さん経由というのがポイントです。対応が違いますから。
あと、その銀行との相性が悪い場合は不動産屋さんに他の銀行も紹介してもらいましょう!変に気を使う必要はありません。不動産屋さんもそれも仕事の内ですから。


2.

家は買わずに定年まで、賃貸で借りるという考えもあります。

(その理由)
○融資を受けて30年以上返し続けられる保証はない
○42歳で借りて72歳まで返し続けられるのか
○子供もいずれ独立する
○教育資金は大卒迄2~3千万円は必要
○定年退職して夫婦二人になれば、地方の好きな場所で中古物件を
現金で購入するという方法も有る


3.

旦那の年齢が42歳ならローンの返済期間は20年です。
毎月の収入により大きく変わりますが
平均的な収入なら2000万が限界

でもね、離婚すると言う事もありますからすべて旦那名義でローンを組むことです。

まぁ・・・出来るなら現金で一括購入されるべき話





この記事へのコメント

おすすめ記事:
クッションカバーに直接わたを詰める
テーブルクロス選び

人気記事