バブルの頃に建てたリゾートマンションがあまり売りに出てないのはなぜ?

バブルの頃に建てたリゾートマンションがあまり売りに出てないのはなぜ?

家.jpg


バブルの頃にバカみたいに建てたリゾートマンションがあまり売りに出ていませんがどうしてですか?




1.
「売りに出さない」というよりも、「売りに出せない」ということかと思います。
現在でも毎年リゾート地に行って利用している物件なら、「売りに出さない」でしょうが、そうでない物件は「売りたくても、売りに出せない」状況にあります。

その原因はなにかといいますと、積もりに積もった「管理費・修繕積立金及びその損害金」ですね。これは5年で消滅時効にかかりますが、5年分は払わなくてはなりません。
例えば、仮に相場としての売却可能価格が50万円だとして、「管理費・修繕積立金及びその損害金」の合計額が80万円だとした場合は、誰も買いませんよね。
旧所有者が支払わなければ、新所有者に承継されますからね。
これは「競売」も同じことで、マンションの管理組合や担保権者としては「競売」の申し立てをしても、入札がないので、競売にもできない状態です。いわゆる「塩漬け」状態です。
ですから、そういう滞納がない物件については、ちらほら売りに出ています。
以上、参考にしてください。

2.
仲介不動産屋がいない。地元の老人会などで話が出て「売りに出すけど・・・」「まあ、一人だしこの家に居るよりは温泉付きマンションでも買って家事の負担を減らすか」程度です。

売値も100万以下、修繕費なども滞納しておりまともな物件ではない。

バカみたいな末路ですね。

3.
1千万で買ったものが数十万レベルだから
売りに出さないのでは?

不動産屋さんも宣伝費がもったいなくて出さない

4.
何を基準として「あまり」と呼べるかどうかは分かりませんが、売りに出されてはいますよ。
まあ、バブル期みたいなわけにはいきませんが。

5.
ただでも引き取り手が無い中古不良債権物件が沢山あるから





この記事へのコメント

おすすめ記事:
クッションカバーに直接わたを詰める
テーブルクロス選び

人気記事